2018年11月05日

レジーナ箱根仙石原モニター旅行 〜すすき編〜

旅先では夜中に何度も目が覚めたり眠りが浅かったりするワタクシですが、サータの気持ち
良いおベッド&ロールスクリーン効果で思いの外熟睡出来ました。

・・・というか、403段疲れが何よりの理由な気がしますがー。

ともかくその疲れを取るべく朝イチ(6時くらい)からひとりでコソッと大浴場へ。
さすがに誰もいませんでしたがカメラは持って行かなかったので写真はなし。大涌谷温泉を
引いているというお湯は気持ちよかった〜!(源泉掛け流しではなかったかもですが)

そして何より大浴場の隣にあるお休み処にマッサージチェアがあったのがありがたかった!
1台だけでしたが無料で使えます。激しい筋肉痛に襲われていたのでウィ〜とか言いつつ
フルコースで揉みほぐしました。あー朝からリフレッシュ!

部屋に戻ると起き出していたトラさんがチェンジで大浴場へ。一緒に起きたつくしさんは


18102801.jpg

帰ってくるまでひたすら忠犬業に勤しみます。

さ、お風呂満喫した後はお待ちかねの朝食ですよ〜!


18102802.jpg

配膳に来て下さったスタッフさんに我先に詰め寄るつくしさん。


18102803.jpg

つくしさんの朝ごはんにはササミの雑炊をお願いしときましたよ。


18102804.jpg

人間の朝ごはんは品数豊富な贅沢和食。


18102805.jpg

こんなに食べきれるかーい!と言いつつ結構食べきった気がします。和食がおいしいお年頃。


チェックアウトは11時。まだまだ時間があるのでちょっと朝のお散歩へ。
レジーナリゾート箱根仙石原は曲がりくねった急坂の途中にあるのですが徒歩なら建物の脇に
ある石段を通ることでショートカットでバス通りの方に出ることが出来ます。(また石段か)

18102806.jpg

石段の脇には温泉と思われる水が勢いよく流れております。


18102807.jpg

まぁそうなるわな。でもダメです。

石段を降り急坂を下ってバス通りをてくてく歩いて目指したのはかの有名な仙石原のススキ。


18102808.jpg

てくてく(おちりが可愛すぎる)


レジーナリゾート箱根仙石原は地図上では仙石原のススキ野原に隣接するくらいの位置関係
なんですが本来の群生地の入り口(?)とは反対側になります。


18102809.jpg

そんな訳で道端からコレがその仙石原のススキだな?という景色には出会えますが、ちゃんと
入り口から入って真ん中に1本通っている遊歩道を歩くためには車で移動するのが無難かな〜。
まぁ1キロちょいくらいなので歩けないことはないかもですが。(往復だと3キロ弱)


18102810.jpg

根性は昨日使い果たした我が家は後でまた来ればいっかー!と早々に諦めてちょちょっと
写真を撮って撤収〜。


18102811.jpg

だって道端からだと全然コラボ写真にならなかったんだもの。


18102812.jpg

とりあえずほどほどのお散歩にはなったかなー。


18102813.jpg

ちなみに歩きの時はショートカットになる宿へ続く石段はこんな感じ。結構根性いります。
403段体験後にはかわいく見えたけどね!


18102814.jpg

さて、チェックアウトしてつくし号で改めて仙石原のススキ野原へ向かいますよ~。


18102815.jpg

ススキの群生の間に伸びる一本道にはすんごい人の群れ。

みんなススキ見るためにここに来ているんだなぁ・・・すげーなぁ・・・と田舎で道端に
当たり前のようにススキが生えている環境だったぷるさんは別の意味で感心しきりです。


18102816.jpg

まぁせっかくだから撮っておかねばな。


18102817.jpg

18102818.jpg

18102819.jpg

ススキの見頃の基準がよく分からないのですが一応ふさふさの穂にはなっているものの、
まだ首を垂れる程ではなかったので見頃一歩手前くらい?


18102820.jpg

18102821.jpg

18102822.jpg

しかもこの日は曇天で日に透けるキラキラを撮るにも微妙・・・。薄日が差した瞬間を狙って
頑張って見たけどムヅカシイね~。


18102823.jpg

18102824.jpg

それでもつくしさんのキラキラの笑顔は撮れたのでヨシとしましょう。

そんな感じで仙石原を満喫しました!(本当か)

この後は箱根の山を下って帰宅の途へ。改装中の富士屋ホテルの隣のベーカリーでクラシック
カレーパンとプリンをお土産に買って帰りましたとさ。

唐突に降ってわいたお泊りでしたがお天気にも恵まれて思い出深い旅となりました。
(403段含む)

レジーナリゾート箱根仙石原さんこの度は誠にありがとうございましたー!


↓一ヶ月かけてようやく完結・・・
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 14:54| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

レジーナ箱根仙石原モニター旅行 〜おやど編〜

そんな訳でやって参りました!レジーナリゾート箱根仙石原。


18101901.jpg

新築開業の建物はさすがにぴっかぴかですね。

震える小鹿の足のまま寄り道もせずびゅーんと移動して来たら、ちょうどチェックイン
開始5分前に到着。既に案内係の方が外に立っていて出迎えて下さいました。恐縮です。


18101902.jpg

18101903.jpg

つくしがレジーナリゾート箱根仙石原に来ましたよー!


18101904.jpg

受付を済ませ、早速お部屋チェック。うちは一番オーソドックスなスーペリアルームでした。


18101905.jpg

同じスーペリアルームでも1Fの部屋だったらプライベートドッグランが付いてたのにな〜と
思いましたが、部屋に入ったとたん扉を開けろとせがんでテラスに飛び出したうちのお嬢様
にはランなしで良かったかも知れません。


18101906.jpg

下の階のプライベートドッグラン

こんなのが見えていたら外に出せー!ランランするー!と延々窓を叩いていたでしょうから。
(本当にやります・・・)


18101907.jpg

お部屋の方はソファ&ローテーブル&TVのリビングスペースに


18101908.jpg

こちらは全てお部屋食なので大きなダイニングテーブルがあり


18101909.jpg

ロールスクリーンで半分仕切ることの出来るベッドルーム


18101910.jpg

お風呂はシャワールーム(左手扉)と


18101911.jpg

テラスに設えられた信楽焼の露天風呂。残念ながら客室のお風呂は温泉ではないのですが
大浴場の方は大涌谷から温泉を引いているそうです。良いね!やっぱり旅には温泉よね!

アメニティも一通り全て揃っているので今回はほぼ手ぶらで伺いましたが特に不便もなく。


18101912.jpg

わんこ設備もケージからトイレトレイ、食器(とおおやつ)まで揃っていてこちらもなんの
過不足もなく。ちなみにソファや椅子には用意されたカバーを掛ければ乗せてOK。


18101913.jpg

客室は“北欧のミニマリズムと日本の「わびさび」の精神が融合したスタイル”という
コンセプトだそうですが箱根の伝統工芸の寄木細工が至るところにモチーフとして使われて
おり、明るくてモダンで過ごしやすいお部屋でした。


18101914.jpg

エレベーターホールなんかも素敵な感じでしたよ。


さて、お部屋チェックが終わったので館内探索へ。


18101915.jpg

まずは暗くなる前にドッグランへ行ってみましょうか。
建物前に数台ある駐車スペースの脇から階段で上に上がるとウッドチップのドッグランが。


18101916.jpg

18101917.jpg

大型犬には少し物足りない広さかな〜。そして小さい子はウッドチップ苦手な子も多いよね。
何ひとつ気にしないつくしさんは薄暮の中を煙状になりながらキェェェ!と走り回っていま
したが他の子は誰ひとり会わなかったな・・・。


18101918.jpg

館内に戻るとロビーに入る手前にかわいいバスタブの足洗い場。

何度もここで足を洗う時「つく、プール入って!」とやっていたらすっかり夏のプール気分
が甦ってしまったようで家に帰った時もお風呂場の前で待機されてしまいました・・・。


18101919.jpg

フロント前のスペース。
この窓の外、エントランス脇にはもうひとつウェルカムドッグランなるものがあって到着時
にひと息つく際にどうぞ〜的なランらしいです。こちらは使っている子を見かけました。


18101920.jpg

こちらはプレイズタッチセミナーなども行われるコミュニティラウンジ。
フリードリンクなのでお茶やコーヒーを頂くことが出来ます。真ん中の暖炉?囲炉裏?には
夕方から火が入るそうです。(寒い時期はもっと早い時間から)


18101921.jpg

ここでやっぱり目を引くこのチェア。


18101922.jpg

座ってみるよね〜。
結構ゆらゆらするのとすっぽり身体が収まってしまうので立ち上がるのにちょっと苦戦
しました。(しかも既に筋肉痛だったし)これに座って飲み物はちょっとキケン。


レジーナリゾート箱根仙石原は斜面に沿って建物が建っているのでこのロビーがある
エントランス部分が3階に当たり、客室はこの3階とエレベーターで下った1階と2階で
最上階の4階は室内ドッグランになっています。


18101923.jpg

18101924.jpg

ひろびろ〜。なんでも広さ的には屋外ドッグランと同じくらいあるんだとか。
つくしさん的にはオモチャさえあればどこでも構わないんですが、今日の気分的には


18101925.jpg

お外の空気の方が良かったようです。


18101926.jpg

さて、一通り探索したので部屋に戻ってひとっ風呂あびてご夕食を待ちますか!


こちらのお宿は全室お部屋食なので時間になったらお部屋に食事が運ばれてきます。


18101927.jpg

もちろんつくしさんにもうまうまをオーダーしましたよ。


18101928.jpg

ブレる勢いで頂きます!


18101929.jpg

人間の食事も整いました。


18101930.jpg

レジーナリゾート箱根仙石原の食事は会席料理。
細々と手が込んでいて食べておいしく目で見て楽しく。「この飾りはどこまで食べれんの?」
とか言いながら隅々まで頂きます。この日は時期的なこともあり松茸尽くし!贅沢〜!


18101931.jpg

お供には箱根のおビールなぞ。


18101932.jpg

この時付いてきたコースターの絵柄がなんとパピヨンじゃないですか!


18101933.jpg

こちらの子はなんだかすっとぼけていてカワイイ。
さすがに偶然という訳じゃないよねー?と思い係の方に伺ったところ、やはりお客様の
わんこに合わせてスタッフさんが手描き!してるんだそうです。素敵—!

もしかしたらお土産にもらえたりするのかしら?と一瞬ワクワクしましが残念ながらそれは
ありませんでした〜。


18101934.jpg

食事は3回に分けて運ばれて来て、コンコン!と扉がノックされる度にうちの娘さんが
ワワワワワン!とすっ飛んで出迎えてくれるので内心冷や汗。

でもこのタイミングで他の部屋からもうっすらお出迎えワンワンの声が聞こえた以外は特に
物音は気になることはありませんでした。


18101935.jpg

何度も来ていただくのが申し訳なかったのでワインは赤白一気にオーダー。
お部屋出しの食事はそういう微妙な煩わしさもあるけど、気兼ねなくゆっくりも出来て写真
も撮り放題なのが良いですな。


18101936.jpg

18101937.jpg

お肉の焼ける匂いにワクワクしたりしていたつくしさんですが


18101938.jpg

デザートの頃には夢の中〜。すっかりお寛ぎのようです。ヨカッタヨカッタ。

人間もデザートまで完食したらすごい勢いで就寝モードに。403段でしたから!(まだ言う)
実は疲れすぎていて温泉の大浴場に行けていなかったので明日は朝風呂からスタートです。

では、おやすみなさい!


↓確か22時くらいにはもう寝た
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 19:32| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

レジーナ箱根仙石原モニター旅行 〜のぼる編〜

昨日10日14日、グランドオープンを迎えたレジーナリゾート箱根仙石原さん。
こちらの開業に先駆けて募集していたモニターキャンペーンにワタクシ見事当選しましたー!

今まで何度応募してもダメだったのに・・・!アレはきっと業界関係者とか有名ブロガーとか
選ばれし人々しか当選しないんだ!と半ば諦めていましたが、うちみたいな平民でもちゃんと
当たりましたよ!!ワーイ!つったん、3連休は旅行だよー!

・・・という訳で10月アタマの3連休中日、渋滞を考慮してほどほど早朝におうちを出発。

まずやって来たのは山中湖畔のペーパームーンさん。

18101401.jpg

ちょびっとだけ紅葉が始まっていました。

いつもはお茶とおケーキ目当てで立ち寄るのですが(というか食事メニューがないので)
どうやら夏季と土日はモーニング営業があるらしい!と聞きつけて馳せ参じました。
絶対にここのごはんはオイシイはず!


18101402.jpg

到着したのは開店5分前でしたが店の前には既に行列がー!一瞬ひぎゃぁぁぁ!となったものの
オープンしてみればペット可のテラス席には一番乗りでした。


18101403.jpg

モーニングはビュッフェ形式。サラダ、ハム、チーズ、スープ、シリアル、パン等お好きな
ものをお好きなだけ!チーズのキッシュは焼き立てを席までサーブしてくれます。幸せ〜。


18101404.jpg

つくしさんもちょびっとヨーグルトのご相伴に与りご機嫌でしたが、あれもこれも食べたい
パパママが朝からのんびりしまくった為


18101405.jpg

諦めて寝ました。
この日は関東でも猛暑日を記録したところがあるくらい気温が上がったようですが
朝の山中湖畔はめちゃくちゃ快適でいつまでもここで寛いでいたかった・・・。


まぁ親子揃ってここで寝ている訳にもいかないのでゆるゆると移動しましょう。

やって来たのは花の都公園
本日は大変お天気もよろしいのできっと素敵な景色が見えるはず。


18101406.jpg

絶景なり。初めて近くでこんな富士山が見られた〜。


18101407.jpg

有料ゾーンに続く花の都大橋より。いいね!凛々しいね!
しかしここから無料のお花畑ゾーンにずずいと進んで行くと・・・


18101408.jpg

黄花コスモス×富士山!


18101409.jpg

先日の台風でかなりお花がヤラれて貧相な感じにはなっていましたが遠目に見たら十分綺麗。


18101410.jpg

センター de ドン!


18101411.jpg

18101412.jpg

良い富士山が見られて大変満足。ふ〜満喫した〜!

・・・と、この時点でまだ10時くらい。お宿のチェックインは15時。
箱根までの移動はあるにしてもまだまだ早い。今年の5月にも箱根には行っているので特に
行きたいところもなく。降ってわいた旅行なのでノープラン過ぎて途方に暮れる一家3人。

どっか!どっかないか!と検索しまくってとりあえず行ってみた山中湖パノラマ台では駐車場
が大混雑ですぐさまUターン。

そうこうしているうちに10時半になったので販売開始されたペーパームーンのケーキを買いに
戻り駐車場でひたすら検索!

・・・で、引っかかったのが「石割神社」。なんでも403段の石段を登ったところにある神社
だそうですよ!403段とか登る元気ある?まぁなんとかなるんじゃね?とりあえず行くとこ
ないし行ってみるべ!とぶらりとやって参りました。


18101413.jpg

現地に着いてみたら路駐もいっぱいでまたUターンか?と慄きましたが僅かに空いていた
駐車場に無事に入れました。思ったより人気スポットなんですかね。

・・・・・。

駐車場に帰って来られる方達が皆様ガッツリトレッキング装備な上にチリンチリンと熊避け
の鈴など付けておられます。確かにこの山には熊いるYO!の立て看板がありますね・・・。

まぁ石段登って神社に行く分には熊ってこともなかろう!いざとなったら我が家の頼れる
娘さんがギャン吠えで撃退してくれるはず!


18101414.jpg

至 石割神社 階段 403段


18101415.jpg

ふふふ・・・頑張っちゃうよ・・・。


18101416.jpg

さすがに403段全部って訳にはいかないと思うけど最初くらいはつくしさんも一緒にね!

・・・と登り始めて数十段、早々にアクシデント発生!なんとトラさんが貧血?低血糖?
でダウン!

うぇぇぇ・・・まじっすか。降りる?せっかくココまで来たんだから(まだちょっとしか
登ってないけど)なんならワタクシとつくしさんだけでもお参りして来るけど?

と、しばしの家族会議の結果、体調不良のヒトは無理をせず車に戻って貰ってぷる+つくで
神社を目指すことに。


18101417.jpg

天まで続く石段。先が見えませぬ・・・。
最初から何段とか数えていなかったので一体今どこら辺まで登ったのかサッパリ分からず。
ところどころで良いから今○○段目!とか書いておいて下さいよ!!(ワガママ)

20段くらい登っては休み、手すりが途切れるところを目指しては休み、出来るだけ希望を
持たないように戒めの気持ちを込めてそろそろ半分くらいかしらー?と思ったその時!
唐突に石段終了!!ヤッター!着いたどー!!

・・・で、神社ドコー?

そこにあったのは休憩用の東屋と石割神社あっち→の立て札。

・・・まだ先があるんかい・・・。

普通、「至 石割神社 階段 403段」って書いてあったら403段登ったら神社があると思う
じゃないですか。・・・ないんですよ(泣)


18101418.jpg

ここからは何事もなかったかのように山道が続くよ!!(やけくそ)

ところどころぬかるみになっているところもあり、泥だらけでお宿に行くわけにもいかない
のでつくしさんは途中からずっとバッグイン。だんだん勾配のキツイところも出て来て
ヒィコラ言いながら休み休み進む。本当にこの先に神社とかあるんかいな・・・と不安に
なり始めた頃・・・


18101419.jpg

神社の入り口っぽいのキター!!

よし、この先にきっと神社はある・・・!と確信を得てひたすら進む。進む。進む。

・・・・・・・・・・。

本当にこの先に神社とかあるんかいな・・・(二度目)

歩けど歩けど果てしなく続く道。段々険しくなる勾配。
ところどころで良いから後○百メートル!とか書いておいて下さいよ!!(デジャヴ)

せめて自分が神社に対してどこら辺の位置にいるか分かれば心構えも出来るのに・・・。

!!

そうだ!!あたいにはGoogleマップがあるじゃないか!!


18101420.jpg

もう、道すらなかった。
確かに神社の方向に向かっているのは分かるけど後どれくらいかかるんでしょう。

心が折れそうになりながら進んでいると前からやって来たマダムに「あら〜わんちゃんも
一緒に登って来たの〜」と声を掛けられ思わず「まだまだ掛かりますか?」と泣きつく。
すると「あら、もう僅かよ〜最後にギュッと登るけど」と仰いますのでもう最後の気力を
振り絞る!


・・・お?

18101421.jpg

桂(かつら)御神木のいわれ
石割大権現様が鎮座まします霊山・石割山の標高千三百メートルの高地に自生するこの桂の巨樹は日本でもひじょうにめずらしく地元民から御神木として崇められている
またこの神木の後にはお釜石という釜の形をした水の沸きでる石があり地元民山中湖村民の水の源でありその上流「桂川」の名前の由来として言われ古くは旱魃のさいはこの場所で地元民により雨乞いの儀式が行われたとも伝わる

へー・・・標高千三百メートル・・・。エライとこまで登って来たもんだなオイ。

そしてここから最後の一踏ん張りのキツイ階段を数段登って・・・

18101422.jpg

着いたどー!!!!!
もう汗だく通り越して水浴びたみたいにびっしょりですよ。ハンカチ絞れたからね。


18101423.jpg

こちらが石割神社の御神体の巨岩。
岩屋の戸伝説もあるらしいです。天手力男命がこの巨岩をエイヤッ!と開けた訳ですね。


18101424.jpg

こちらの狛犬さんは背中にお子様を乗っけております。


18101425.jpg

この岩は「石」の字の形に割れているんだそうですよ。見えるような・・・?


18101426.jpg

その岩の横を通り過ぎて裏に回ると・・・


18101427.jpg

現れる岩の隙間。この岩の隙間を3回通れば幸運が開けるですと!!

かーなーりー狭い隙間ですが、もちろん通りましたよ!つくしさんも一緒に!

・・・1回だけ。

もうね、3回もやる気力がなかった。洋服が擦れるくらいスレスレなんですが岩肌がしっとり
濡れてるし。・・・と思ったらこの岩の割れ目から滲み出ている水は霊水で眼病、皮膚病に
効くんだとか。なんだよ、浴びてくれば良かった・・・。

ちなみに悪い子は岩に挟まれてしまうんですってー!まぁ怖い。


18101428.jpg

途中からずーっとバッグインだったつくしさんですが文句も言わず最後までおとなしーく
付き合ってくれました。つったんが一緒じゃなかったらかーちゃんは心が折れていたよ。

この後ヨロヨロと下山を始めると登って来たトラさんと遭遇。つくしさん大喜び。
なんでも降りて来た人から男梅キャンディを貰って生き返ったらしい。糖分ダイジ!!

また一緒に神社まで登り、トラさんはあまりの狭さに岩の隙間を回ることを諦め、山道を
下り、403段の階段を下りました。もう最後は両足が産まれたての子鹿状態。

実は後20分ほど頑張って登れば標高 1412.47 mの石割山の山頂から富士山の絶景を望む
ことが出来たんだとか。全て帰って来てから知りましたけどね。

よーし!今度はちゃんと準備して山頂までリベンジするぞー!(小声)

もはやこの石割神社が旅のハイライトみたいになっていますが今回のメインはこれから
なんですよ!!・・・という訳でレジーナリゾート箱根仙石原に向かいまーす!


↓長々と登山にお付き合い頂きありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:37| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする