2019年06月26日

頑張るわんこ達(復活8割)

手術、療養するにあたってつくのごはんはどうすれば良いんだ?と思っていたら、脾臓の
場合は特に気にすることなくいつも通りでいいですよ、とのことだったので退院したその
日からいつものカリカリを食べているつくしさん。

退院初日こそ空腹に負けて(?)ガツガツッ!とフードテーブルに向かって食べてくれた
つくしさんですが、翌日からは傷の違和感からか一度座り込んだら全然動かなくなって
しまったので、ごはんをそこまでお持ちして2〜3粒ずつ口に運んで差し上げるという
上げ膳据え膳生活をサービスしてしまったらすっかりソレに慣れてしまいました。


19062601.jpg

はいどうぞ〜


19062602.jpg

あむ〜

まだ抗生剤を飲んでいるのでこうやって口に運んでいる途中で、

フード→フード→フード+薬→フード

とさりげなく混ぜて押し込むと素直なつくしさんはぺろりと食べてくれます。たまにペッ
とやる時もありますが何度か繰り返していると騙されてくれます。リズム良く口に入れて
あげるのがポイントです!

でも薬さえ飲んでくれたらもう自分一人で食べてくれると助かるんですよ、つくしさん。


19062603.jpg

まぁ食べてくれました。

まだフードテーブルじゃなくコロコロしているその場にお持ちして、ではありますが。
でもお腹空いたー!ってキッチンまで催促しに来るようになったしそろそろ通常モード
に戻せそうです。でも薬飲み込むまでは口に運んであげるから!

 * * *

本日もウン活のために夕方のお散歩へ。まだ留守番中はウンしてくれないなぁ。

で、おうちを出てすぐのところでお散歩中の初めましてのトイプちゃんに会いました。
つくしさんが挨拶させい!!とグイグイ行くのでちょこっとだけ鼻ツンでご挨拶させて
貰おうと思ったら思いの外じっくり嗅ぎ合う2匹。

相手のトイプちゃんがふんかふんかとつくのお腹付近を嗅いでいたので、実はこの子まだ
お腹縫ってるんです〜と相手の飼い主さんに言ったら、えぇぇぇ?!ととんでもなく驚か
れてしまいました。(当たり前)

どうしたんですか?と聞かれたので、かくかくしかじかで脾臓を取ったんです、でも良性
でした!と説明したら「あ、うちもお腹切りました」と。腎臓を切ったそうです。

で、大丈夫だったんですか?と聞いたら「ダメでした」。え?「悪性でした」えぇぇッ!
「抗がん剤もやったんです」と・・・。でも目の前にいるトイプちゃんは超元気だし、
人にもわんこにも愛想振りまいてくれるとっても明るい子。恐らく治療によって寛解状態
なんだと思います。(あまり突っ込んで聞けなかったけど)

やっぱり血液検査とかじゃ分からないですよねぇ、健診とか大事ですねぇ、としみじみ
語り合った訳ですが、それでもそれぞれの我が子を見ながらお互いに出て来た言葉は

「わんこって強いですよねぇ・・・」

ほんとソレ。頑張るわんこ達は強いのだ!つくもうんと頑張ったもんな!

そんなつくしさんですが、トイプちゃんと別れて散歩を続行すると今日はウンが出た後
コースの途中で尻尾が下がり、もう帰る・・・と抱っこして来ました。はしゃぎ過ぎて
ちょっと疲れちゃったかな・・・。

まだ手術から一週間ちょいだしね。(抜糸すらしていないんだから)一気にいつも通りと
までは行くわけがないんだ。

それでも家の中ではかなり通常営業になってきましたよ。今日は晩ごはんの後ガム下さい!
とおねだりして来たし、かまってかまって〜とチョイチョイすることも増えて来ました。
(今この瞬間もやられておる)

そっと隠してあるオモチャを出せと騒ぎ出すのも時間の問題かな・・・。


↓トッテコイにはまだ早い
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:45| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください