2019年08月26日

つくの夏旅2019

今年の夏休みはお盆のど真ん中にあてる形で秋田の実家に帰省してきました。(9連休!)
もちろんつくしさん連れですよ。

秋田まではそれはそれはロングドライブになるのですが、つくしさん乗り物関係は本当に
なんの苦もなく乗ってくれるので非常に助かります。
散歩の途中でもお出かけしたくなれば車に向かい、駅を通れば改札に引っ張って行き・・・
どれだけ乗りたいのかと。(というか、お出かけが好き過ぎる)

という訳で今回もるんるんとつくし号に飛び乗ったつくしさんと共に高速をひた走ります。
渋滞を避けるため深夜に出発して途中のSAで休憩&仮眠、夜明けと共に再び走り出し途中
から山形道へ。本来ならそのまま東北道→秋田道が王道ルートですがせっかくなので山形で
寄り道観光しようぜ〜!という目論見です。

当初は早朝から張り切って山寺に行こうと思っていたのですが山形道は霧雨で視界モヤモヤ。
これは山寺に行ったところで景色も望めないだろうし・・・と急遽予定変更。
予約してあった果樹園での桃狩りへ直接向かうことに。

桃狩りも雨だと辛いなぁと思いつつも一応雨対策もしてあるということだったのでそのまま
車を走らせると・・・途中の長いトンネルを抜けたら嘘のように晴れた!
え、こんなことってありますー?くらい驚きの急変っぷりでしたがむしろウェルカム!

これだけ晴れてくれれば山寺も行けるんじゃね?と一瞬過りましたがあまりのカンカン照り
に別の意味で無理な気がしてやっぱり諦めました。


19082601.jpg

そんなこんなでやって来たのは天童にあります王将果樹園。(実は二度目)
ワン連れで桃狩りが出来て併設のカフェではテラスで一緒にパッフェが楽しめる大変素敵な
果樹園です。

本当は10時〜の予約でしたが予定をすっ飛ばして来たので到着してみれば8時半の受付開始
5分前という奇跡のタイミング!

時間と同時に受付をして一番乗り且つ貸切状態のバスで果樹園へ。


19082602.jpg

もも!


19082603.jpg

ももーっ!


19082604.jpg

ももももーっ!


桃狩りは初体験でしたがなかなか当たりはずれを見極めるのが難しいですね。
良さそうに色づいているのを選んでもカリッ!という音がするくらいハード食感だったり。
中には手で皮がぺろりと剥けるくらい熟しているのもあったり。
ぷるさんが選んだのは当たりでしたよーっ!


19082605.jpg

19082606.jpg

つくしさんも少し頂きました。まぁ食べるけど、きゅうりほどの食いつきはないかな。


19082607.jpg

30分という短いプランでしたがおなかチャポチャポ。3人(2人と1匹)で5個というのは割と
少ないのかも知れませんが時間的にもおなか的にも限界でした・・・。


19082608.jpg

本当はこの後併設のオウショウカフェで桃パフェを食べる予定だったのに!無理だったー!


19082609.jpg

ちなみにこれが桃パフェ。(昨年撮影)


19082610.jpg

去年は逆に雨がひどかったので桃狩りを諦めて朝ごはんにパフェだけ食べたんだよなぁ。
なかなかあれもこれも欲張れないお年頃なんですかね・・・(涙)


 * * *


朝っぱらからえらく時間が空いたので、行けたら良いな〜とちょびっとリサーチしていた
銀山温泉へ行ってみることに。
レトロな温泉街が千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになったとも言われる最近密かな
ブームとなっている温泉地です。

天童から走ること小一時間、そろそろ目的地かな〜というところで交通整理のおじさんに
止められて「銀山温泉の日帰り観光ですか?」と。

如何にもその通りですと答えると、既に温泉街の近くの一般向け駐車場は満車で入れない
のでココに車を置いてシャトルバスで移動して下さい!とのこと。
誘導されたのは大正浪漫館という道の駅的な施設の駐車場でそこにはすんなり入れましたが
シャトルバスってわんこも乗せてくれるんですかね・・・?

「多分大丈夫だと思うけど運転手さんに聞いてみて下さい!」

なんかテキトーだな・・・大丈夫か・・・?と思いましたが、聞いてみたらどうぞどうぞ
と無事に乗せてくれました。


19082611.jpg

5分ほど走ってシャトルバスの停留所で下車するとまだ紫陽花が綺麗に咲いていたので
ついうっかり記念撮影。今年の紫陽花の季節は手術でそれどころじゃなかったからな〜。


19082612.jpg

そこから少し坂を下ったこちらが!銀山温泉です!(佐川の車が邪魔・・・)
坂の上から街並みを見下ろすと本当にそこだけ異世界のよう・・・!


19082613.jpg

ガス灯がまた大正浪漫な雰囲気を醸し出していますが銀山の繁栄から紆余曲折経て今の
街並みが再建されたのは昭和に入ってからだそうですね。もちろん十分歴史を感じますが。


19082614.jpg

つくたんどうよこの景色・・・。(哀愁漂う背中)


19082615.jpg

とりあえず暑いです・・・。


19082616.jpg

19082617.jpg

19082618.jpg

銀山温泉自体はサクサク歩いたら10分くらいで一回り出来るくらいのコンパクトさですが
ひとつひとつの建物が趣きあってすてきー!


19082619.jpg

19082620.jpg

真ん中を流れる川には魚がこいこいと泳いでいて非常に涼し気。(でも暑い)


19082621.jpg

そして温泉街を抜けた先には白銀の滝。これまた涼し気〜!


19082622.jpg

ずっと橋から飛び降りそうな勢いで川に突進していたつくしさんはスゴイ勢いでと川の
辺まで降りて行きましたが入水には至らず。(石ころひとつ投げたら確実に飛込んだ)


19082623.jpg

白銀の滝から先は散策路になっていてショートからロングまで各種コースを取り揃えて
おりますがあまりの暑さにやる気ゲージが急降下していた我々は一番短い「滝見コース」
を選択。


19082624.jpg

19082625.jpg

疎水坑口(めっちゃ涼しかった)の脇からよいせよいせと坂を上りせとこい橋より
籟音の滝を望み


19082626.jpg

19082627.jpg

19082628.jpg

コウモリが住んでいたんでせうね、というコウモリ穴を見て


19082629.jpg

行きは下から眺めた白銀の滝を上から見られるスポットへと戻ってきました。

おちーあちー言ってたものの散策路は緑に囲まれた日陰がメインだったので意外と快適に
歩くことが出来ました。温泉街に戻って日向に出たとたん溶けそうになりましたけど。


19082630.jpg

19082631.jpg

温泉街入口の和楽足湯の目の前にはお豆腐屋さんがあってテイクアウトのお豆腐(!)が
売られており、足湯をしながら豆腐を食べるという風流な光景が広がっていましたが
とても足湯に入る気分(気温)ではなかったので諦めて
(でも豆腐は食べればよかったな・・・)

この他にも温泉街のあちらこちらにはベンチやテーブルなどがあってお茶なども出来そう
でしたがつくしさんの黒い頭から煙がでそうだったのでこちらも諦めて


19082632.jpg

山形産の小麦粉で作ったという名物のカレーパンと


19082633.jpg

温泉街入口のお土産屋さんであげまんじゅうをお持ち帰りに。

あげまんじゅうはシャトルバスで車に戻ってからその場で頂きましたが、口の中の水分を
全て持っていかれつつもなかなかおいしかったです。

そんな訳で銀山温泉観光はおしまい。
残念ながら銀山温泉にわんこが泊まれる宿はないのですが、近隣に宿泊してでもまた
ゆっくり来てみたい!紅葉の季節なんかも良いだろうなぁ。なんとも雰囲気のある素敵
スポットでしたー。


 * * *


再び車に乗り込み山形から秋田へ突入。少々遅くなりましたがランチタイムー!
・・・という訳でやってきたのは


19082634.jpg

寛文五年堂稲庭うどん伝承ノ郷・稲庭茶寮さん。


寛文五年堂といえば稲庭うどん界では佐藤養助と双璧をなす老舗です。(ぷる調べ)
その老舗が昨年9月にオープンさせたのがこの稲庭茶寮さん。


19082635.jpg

稲庭うどんといえば秋田県民なら外で食べるものというより、お中元やお歳暮で貰ったり
夏のお昼におうちでそうめん代わりに食べたり、披露宴の途中でお口直しに出てきたり〜
というイメージなのですが、たまにはちゃんとしたお店で食べてみるべ!と。

何より表立って謳っていませんがテラス席ワンコ可だったのが決め手でしたね。エエ。

到着したのは14時くらいでしたがしばしの待ち時間の後、無事にテラス席に通されました。
基本稲庭うどんなのでメニューの選択肢はさほど多くないのですが更に比内地鶏を使った
メニューは既に売り切れとのことで更に狭まる選択肢。

で、ぷるさんは「冷がけなめこおろしうどん」トラさんは「二種三味うどん(冷)」を。

さて、しばし待ちましょう。


 〜小一時間経過〜


「大変お待たせしましたーッ!」

あぁぁぁぁ・・・やっと来た(涙)小麦の収穫から始めてるのかと思ったよ・・・。
先にオーダーしていた人々への提供具合からしてこれはもしかしてトンでもなく時間が
かかるのでは?と覚悟はしていましたけどね。いやはや、うどん大好きつくしさんも
お待ちかねですよ。


19082636.jpg

冷がけなめこおろしうどん


19082637.jpg

二種三味うどん(冷)

二種三味うどんとは二種のうどん(乾麺・生麺)を三味のお出汁(鰹出汁・胡麻だれ・
季節の出汁/この日は梅?)で食べ比べできるというもの。
ぷるさんの冷がけなめこおろしうどんも麺が選べたので生麺にしてみました。
さすがに家庭で生麺の稲庭うどんを食べる機会もないしね。


19082638.jpg

初めて食した生麺はつるつるの喉越しに加えて少しもっちり感もありおいしかったです。

この後本当は小安峡まで足を延ばして大噴湯を見て立ち寄り湯でひとっ風呂・・・という
プランもあったのですがランチに時間がかかり過ぎたので断念。

高速でびゅーんと実家に向かい到着して久々再会のジジババに大騒ぎしているつくしさんに
お留守番をお願いして近所の温泉に行きましたとさ。

そんな訳でつくしさんの長い長い一日は終了。そして帰省絡みの観光はほぼこれが全て!


 * * *


19082639.jpg

翌日からのつくしさんはプール三昧。(実家のプールはでかい)


19082640.jpg

19082641.jpg

折しも全国的な猛暑真っ只中、秋田は台風接近によるフェーン現象で朝から36度超えー!
なんてニュースにもなりましたね。そんな中秋田にいましたからね、プールでもしなきゃ
やってらんね〜ってなもんです。


19082642.jpg

今年は適当に乾かされました。(自然乾燥)


19082643.jpg

とにかく暑すぎてどこかに出かけるどころではなかったのですが、唯一親戚のおうちに
行った帰りに先日オープンしたばかりの「ワンニャピアあきた」(動物愛護センター)に
寄り道してみました。

わんにゃんの里親募集を始め、トレーニングや教室も開催出来るスペースになっていて、
グッズの販売コーナーもありましたよ。


19082644.jpg

つくしさんは中に入るなり外に見えるドッグランスペース目掛けてグイグイ突進して
いましたが、施設のスタッフさんに「遊んで行ってもらってもいいんですが、この暑さ
ですからね〜この前来たわんこは泡吹いて倒れちゃって・・・」と言われ当然のごとく
諦めて頂きました。


19082645.jpg

施設の外にはこんな車が。秋田犬、ブームですよね〜。
この日も看板犬?の秋田犬がトレーニングしているのが見られましたがめんけーんですよ
秋田犬。顔のパーツがギュッと真ん中に寄っていてね。(そんなところがツボ)

でも安易なブームは誰も幸せになれないのでじっくり地元に根を下ろした活動をして頂け
ればなっと思います。


 * * *


帰りは混んでいる東北道を避けて常磐道をひたすら。途中台風とすれ違う形になったので
雨の区間もありましたが概ね順調に戻って来ることが出来ました。

常磐道はひたちなか以北は初めて走ったのですが、未だに放射線量が表示されていたり
立ち入り困難地区の表示があったり、至るところで工事が行われていたり震災の影響は
まだまだ続いているのだなぁと実感しました。

途中立ち寄った南相馬のサービスエリアで買い食いするくらいしか出来なかったけど今度
は観光でも立ち寄れたら良いな。

・・・そんなつくしさんの夏旅でした。


↓長々とありがとうございました(途中で切れないヒト)
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:27| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

レジーナ箱根仙石原モニター旅行 〜すすき編〜

旅先では夜中に何度も目が覚めたり眠りが浅かったりするワタクシですが、サータの気持ち
良いおベッド&ロールスクリーン効果で思いの外熟睡出来ました。

・・・というか、403段疲れが何よりの理由な気がしますがー。

ともかくその疲れを取るべく朝イチ(6時くらい)からひとりでコソッと大浴場へ。
さすがに誰もいませんでしたがカメラは持って行かなかったので写真はなし。大涌谷温泉を
引いているというお湯は気持ちよかった〜!(源泉掛け流しではなかったかもですが)

そして何より大浴場の隣にあるお休み処にマッサージチェアがあったのがありがたかった!
1台だけでしたが無料で使えます。激しい筋肉痛に襲われていたのでウィ〜とか言いつつ
フルコースで揉みほぐしました。あー朝からリフレッシュ!

部屋に戻ると起き出していたトラさんがチェンジで大浴場へ。一緒に起きたつくしさんは


18102801.jpg

帰ってくるまでひたすら忠犬業に勤しみます。

さ、お風呂満喫した後はお待ちかねの朝食ですよ〜!


18102802.jpg

配膳に来て下さったスタッフさんに我先に詰め寄るつくしさん。


18102803.jpg

つくしさんの朝ごはんにはササミの雑炊をお願いしときましたよ。


18102804.jpg

人間の朝ごはんは品数豊富な贅沢和食。


18102805.jpg

こんなに食べきれるかーい!と言いつつ結構食べきった気がします。和食がおいしいお年頃。


チェックアウトは11時。まだまだ時間があるのでちょっと朝のお散歩へ。
レジーナリゾート箱根仙石原は曲がりくねった急坂の途中にあるのですが徒歩なら建物の脇に
ある石段を通ることでショートカットでバス通りの方に出ることが出来ます。(また石段か)

18102806.jpg

石段の脇には温泉と思われる水が勢いよく流れております。


18102807.jpg

まぁそうなるわな。でもダメです。

石段を降り急坂を下ってバス通りをてくてく歩いて目指したのはかの有名な仙石原のススキ。


18102808.jpg

てくてく(おちりが可愛すぎる)


レジーナリゾート箱根仙石原は地図上では仙石原のススキ野原に隣接するくらいの位置関係
なんですが本来の群生地の入り口(?)とは反対側になります。


18102809.jpg

そんな訳で道端からコレがその仙石原のススキだな?という景色には出会えますが、ちゃんと
入り口から入って真ん中に1本通っている遊歩道を歩くためには車で移動するのが無難かな〜。
まぁ1キロちょいくらいなので歩けないことはないかもですが。(往復だと3キロ弱)


18102810.jpg

根性は昨日使い果たした我が家は後でまた来ればいっかー!と早々に諦めてちょちょっと
写真を撮って撤収〜。


18102811.jpg

だって道端からだと全然コラボ写真にならなかったんだもの。


18102812.jpg

とりあえずほどほどのお散歩にはなったかなー。


18102813.jpg

ちなみに歩きの時はショートカットになる宿へ続く石段はこんな感じ。結構根性いります。
403段体験後にはかわいく見えたけどね!


18102814.jpg

さて、チェックアウトしてつくし号で改めて仙石原のススキ野原へ向かいますよ~。


18102815.jpg

ススキの群生の間に伸びる一本道にはすんごい人の群れ。

みんなススキ見るためにここに来ているんだなぁ・・・すげーなぁ・・・と田舎で道端に
当たり前のようにススキが生えている環境だったぷるさんは別の意味で感心しきりです。


18102816.jpg

まぁせっかくだから撮っておかねばな。


18102817.jpg

18102818.jpg

18102819.jpg

ススキの見頃の基準がよく分からないのですが一応ふさふさの穂にはなっているものの、
まだ首を垂れる程ではなかったので見頃一歩手前くらい?


18102820.jpg

18102821.jpg

18102822.jpg

しかもこの日は曇天で日に透けるキラキラを撮るにも微妙・・・。薄日が差した瞬間を狙って
頑張って見たけどムヅカシイね~。


18102823.jpg

18102824.jpg

それでもつくしさんのキラキラの笑顔は撮れたのでヨシとしましょう。

そんな感じで仙石原を満喫しました!(本当か)

この後は箱根の山を下って帰宅の途へ。改装中の富士屋ホテルの隣のベーカリーでクラシック
カレーパンとプリンをお土産に買って帰りましたとさ。

唐突に降ってわいたお泊りでしたがお天気にも恵まれて思い出深い旅となりました。
(403段含む)

レジーナリゾート箱根仙石原さんこの度は誠にありがとうございましたー!


↓一ヶ月かけてようやく完結・・・
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 14:54| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

レジーナ箱根仙石原モニター旅行 〜おやど編〜

そんな訳でやって参りました!レジーナリゾート箱根仙石原。


18101901.jpg

新築開業の建物はさすがにぴっかぴかですね。

震える小鹿の足のまま寄り道もせずびゅーんと移動して来たら、ちょうどチェックイン
開始5分前に到着。既に案内係の方が外に立っていて出迎えて下さいました。恐縮です。


18101902.jpg

18101903.jpg

つくしがレジーナリゾート箱根仙石原に来ましたよー!


18101904.jpg

受付を済ませ、早速お部屋チェック。うちは一番オーソドックスなスーペリアルームでした。


18101905.jpg

同じスーペリアルームでも1Fの部屋だったらプライベートドッグランが付いてたのにな〜と
思いましたが、部屋に入ったとたん扉を開けろとせがんでテラスに飛び出したうちのお嬢様
にはランなしで良かったかも知れません。


18101906.jpg

下の階のプライベートドッグラン

こんなのが見えていたら外に出せー!ランランするー!と延々窓を叩いていたでしょうから。
(本当にやります・・・)


18101907.jpg

お部屋の方はソファ&ローテーブル&TVのリビングスペースに


18101908.jpg

こちらは全てお部屋食なので大きなダイニングテーブルがあり


18101909.jpg

ロールスクリーンで半分仕切ることの出来るベッドルーム


18101910.jpg

お風呂はシャワールーム(左手扉)と


18101911.jpg

テラスに設えられた信楽焼の露天風呂。残念ながら客室のお風呂は温泉ではないのですが
大浴場の方は大涌谷から温泉を引いているそうです。良いね!やっぱり旅には温泉よね!

アメニティも一通り全て揃っているので今回はほぼ手ぶらで伺いましたが特に不便もなく。


18101912.jpg

わんこ設備もケージからトイレトレイ、食器(とおおやつ)まで揃っていてこちらもなんの
過不足もなく。ちなみにソファや椅子には用意されたカバーを掛ければ乗せてOK。


18101913.jpg

客室は“北欧のミニマリズムと日本の「わびさび」の精神が融合したスタイル”という
コンセプトだそうですが箱根の伝統工芸の寄木細工が至るところにモチーフとして使われて
おり、明るくてモダンで過ごしやすいお部屋でした。


18101914.jpg

エレベーターホールなんかも素敵な感じでしたよ。


さて、お部屋チェックが終わったので館内探索へ。


18101915.jpg

まずは暗くなる前にドッグランへ行ってみましょうか。
建物前に数台ある駐車スペースの脇から階段で上に上がるとウッドチップのドッグランが。


18101916.jpg

18101917.jpg

大型犬には少し物足りない広さかな〜。そして小さい子はウッドチップ苦手な子も多いよね。
何ひとつ気にしないつくしさんは薄暮の中を煙状になりながらキェェェ!と走り回っていま
したが他の子は誰ひとり会わなかったな・・・。


18101918.jpg

館内に戻るとロビーに入る手前にかわいいバスタブの足洗い場。

何度もここで足を洗う時「つく、プール入って!」とやっていたらすっかり夏のプール気分
が甦ってしまったようで家に帰った時もお風呂場の前で待機されてしまいました・・・。


18101919.jpg

フロント前のスペース。
この窓の外、エントランス脇にはもうひとつウェルカムドッグランなるものがあって到着時
にひと息つく際にどうぞ〜的なランらしいです。こちらは使っている子を見かけました。


18101920.jpg

こちらはプレイズタッチセミナーなども行われるコミュニティラウンジ。
フリードリンクなのでお茶やコーヒーを頂くことが出来ます。真ん中の暖炉?囲炉裏?には
夕方から火が入るそうです。(寒い時期はもっと早い時間から)


18101921.jpg

ここでやっぱり目を引くこのチェア。


18101922.jpg

座ってみるよね〜。
結構ゆらゆらするのとすっぽり身体が収まってしまうので立ち上がるのにちょっと苦戦
しました。(しかも既に筋肉痛だったし)これに座って飲み物はちょっとキケン。


レジーナリゾート箱根仙石原は斜面に沿って建物が建っているのでこのロビーがある
エントランス部分が3階に当たり、客室はこの3階とエレベーターで下った1階と2階で
最上階の4階は室内ドッグランになっています。


18101923.jpg

18101924.jpg

ひろびろ〜。なんでも広さ的には屋外ドッグランと同じくらいあるんだとか。
つくしさん的にはオモチャさえあればどこでも構わないんですが、今日の気分的には


18101925.jpg

お外の空気の方が良かったようです。


18101926.jpg

さて、一通り探索したので部屋に戻ってひとっ風呂あびてご夕食を待ちますか!


こちらのお宿は全室お部屋食なので時間になったらお部屋に食事が運ばれてきます。


18101927.jpg

もちろんつくしさんにもうまうまをオーダーしましたよ。


18101928.jpg

ブレる勢いで頂きます!


18101929.jpg

人間の食事も整いました。


18101930.jpg

レジーナリゾート箱根仙石原の食事は会席料理。
細々と手が込んでいて食べておいしく目で見て楽しく。「この飾りはどこまで食べれんの?」
とか言いながら隅々まで頂きます。この日は時期的なこともあり松茸尽くし!贅沢〜!


18101931.jpg

お供には箱根のおビールなぞ。


18101932.jpg

この時付いてきたコースターの絵柄がなんとパピヨンじゃないですか!


18101933.jpg

こちらの子はなんだかすっとぼけていてカワイイ。
さすがに偶然という訳じゃないよねー?と思い係の方に伺ったところ、やはりお客様の
わんこに合わせてスタッフさんが手描き!してるんだそうです。素敵—!

もしかしたらお土産にもらえたりするのかしら?と一瞬ワクワクしましが残念ながらそれは
ありませんでした〜。


18101934.jpg

食事は3回に分けて運ばれて来て、コンコン!と扉がノックされる度にうちの娘さんが
ワワワワワン!とすっ飛んで出迎えてくれるので内心冷や汗。

でもこのタイミングで他の部屋からもうっすらお出迎えワンワンの声が聞こえた以外は特に
物音は気になることはありませんでした。


18101935.jpg

何度も来ていただくのが申し訳なかったのでワインは赤白一気にオーダー。
お部屋出しの食事はそういう微妙な煩わしさもあるけど、気兼ねなくゆっくりも出来て写真
も撮り放題なのが良いですな。


18101936.jpg

18101937.jpg

お肉の焼ける匂いにワクワクしたりしていたつくしさんですが


18101938.jpg

デザートの頃には夢の中〜。すっかりお寛ぎのようです。ヨカッタヨカッタ。

人間もデザートまで完食したらすごい勢いで就寝モードに。403段でしたから!(まだ言う)
実は疲れすぎていて温泉の大浴場に行けていなかったので明日は朝風呂からスタートです。

では、おやすみなさい!


↓確か22時くらいにはもう寝た
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 19:32| Comment(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする