2019年06月30日

病気平癒お礼参り

昨日の抜糸を以って脾臓摘出の治療については完了ということで、手術前に病気平癒を
祈願した市谷亀岡八幡宮にお礼参りに行ってきました。


19063001.jpg

手術の当日もつくしさんが付けていたこの赤いお守り。これが市谷亀岡八幡宮の病気平癒
のお守りです。こちらの神社にはつくしさんがウチに来てから毎年欠かさず初詣に来ている
のですが、手術が決まった時改めて詣でてお守りを授けて頂いたのです。


19063002.jpg

覚悟を決めたとはいえ、もうできることは何でもしたい!としっかり神頼みしていました。


19063003.jpg

無事に手術が終わったことを報告して、これからの健康を改めて祈願してきました。
そして満願成就ということで、病気平癒のお守りは社務所に預けてお焚き上げを。
本当に本当にお世話になりました!


19063004.jpg

一緒にお参りしてつくしさん超笑顔。キャリーバッグに付いているのは今年の初詣の時に
授かった健康長寿のお守りです。今後はこちらに頑張って頂きましょう。

 * * *

お参りの後、ちょっと一服して行こう〜とお初のカフェに寄り道すると

19063005.jpg

ぜひこの帽子かぶってみて!となぜかスタッフさんに勧められて写真を撮り


19063006.jpg

ぜひ外のベンツでも写真を撮って行って!と勧められて写真を撮り、スタッフさんから
ギャラのおやつをたっぷり貰ってニコニコが止まらないつくしさんでした。

しかし歳を聞かれて10歳と言ったら、見えない〜若い〜元気〜!と大変褒めて頂いた訳
ですが、さすがに昨日抜糸したばかりの復活したてホヤホヤ犬には見えるまい・・・。

いや、本当にいつも通りにご機嫌で我が子ながらすげーなーと感心しながらの外出でした。

 * * *

本日、久しぶりにおうちでつくしさんが踏ん張る現場に遭遇しました。


19063007.jpg

見よ!この神々しい踏ん張り姿を・・・!

もうこんな当たり前(?)の光景の全てが嬉しい今日この頃の飼い主です。(もう病気)


↓踏ん張る時の背中のフォルムは芸術
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:47| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

つく抜糸&病理検査結果詳細

本日、つくしさんの脾臓摘出手術の抜糸に行って参りました!

看護師さんの保定(バンザイのポーズ)でパチンパチンと先生が切った糸の結び目の数を
コッソリ数えてみたらちょうど10針。糸が取れた後の傷跡は思いのほか綺麗でしたー!

そして今初めて書きますが、実は脾臓と一緒に前からお尻付近にポコンと出来ていたイボ
のようなデキモノもついでに取ってもらっていたのです。

以前からちょっと気になっていて、経過観察しながら大きくなるようなら部分麻酔で取る
ことも考えましょう、と話していたのですが今回麻酔ついでに切除をお願いしていました。

で、こちらも2針ほど縫っていたのですが、その抜糸をする気配のない先生。
そっちの抜糸もするものだと思ってずっと保定している看護師さんと、こりゃ完全に忘れて
いるな〜と察したワタクシと2人で「先生〜お尻の抜糸もお願いします」と言ったら先生、
アーッ!っとなって「一生付けておくとこだった・・・」と言いつつ切ってくれました。

つったん、これで本当にすっきりしたな!


19062901.jpg

待合室で確認のための血液検査の結果を待つつくしさん。
もちろん結果は手術後・退院時の数値からは改善されていて問題なしでしたー!

そして切除した脾臓とお尻のデキモノの病理検査結果も詳しく聞いてきました。
以下、病理組織診断書を転記します。


所見
①脾臓:全摘出された脾臓が提出されました。この脾臓には3×2.5×1cmの腫瘤が
形成されていました。この腫瘤部辺縁部から3枚、非腫瘤部の脾臓から1枚の標本を
作製し、鏡検しました。
腫瘤内の大部分はうっ血・出血(血腫)によって構成されていましたが、内部や
辺縁にはリンパ球の集簇巣が散在しています。このリンパ濾胞は小型ではありますが、
固有構造を保っています。その他、病変内には造血細胞や形質細胞、組織球が散在
しています。悪性所見は目立ちません。

②左大腿部皮膚:提出された結節は直径約0.2cmで分割して鏡検しました。
これは、真皮内に形成された境界明瞭な腫瘍性病変です。この腫瘍組織は皮脂腺
由来細胞の多数の不規則な島状、巣状増殖巣で構成されています。多数を占める
腫瘍細胞は、境界明瞭、比較的狭い細胞質と、円形〜楕円形の核を有する基底細胞で
構成され、その間をより分化した、広い泡沫状の好酸性細胞質を有する皮脂腺細胞が、
孤在性または小さな巣状に散在しています。腫瘍組織は切除されています。

病理組織学的評価
①脾臓:血腫を伴う、結節性過形成 Nodular hyperplasia, with hematoma
②左大腿部皮膚:皮脂腺上皮腫 Sebaceous epithelioma

コメント
①脾臓内は出血によって疎となっていましたが、背景には結節性過形成を認めました。
脾臓の結節性過結成は、中〜高齢の犬にはよくみられる非腫瘍性病変です。単巣性の
ことも多巣性のこともあり、脾臓胞膜から隆起して観察されます。
結節性過生成は比較的脆弱な組織ですので、時に破裂して出血を起こすことがあります。
適切な時期の切除により、これらの結節のために起こるかもしれない脾臓の破裂そして
腹腔内出血を防ぐことができたと思われます。

②皮脂腺上皮腫は皮脂腺の基底補助細胞から発生する良性の腫瘍です。この腫瘍は、
通常、単発性で硬い腫瘤状、プラーク状病変として観察され、しばしば表皮の潰瘍を
伴います。頭部、眼瞼部、背側頚部、背部にもっとも多く発生します。皮脂腺上皮腫
は生物学的性質が基底細胞癌と似ていると言われ、低グレードの悪性度(局所浸襲性)
を有していると考えられていますが、転移は稀です。今回の腫瘍は小型のうちに完全
に切除されており、良好な予後が期待されます。


ざっくり言うと、どちらも今この時期に取ってしまうことが出来て良かった!と。
(ざっくりし過ぎ)

脾臓の方はそもそも腫瘍病変ではなかったものの、腫瘤の内部では血腫による出血もあり
将来的に予想される破裂などを摘出によって防ぐことが出来た。

お尻のデキモノの方はこっちこそ腫瘍病変(良性)であり、低グレードの悪性度を有して
いる可能性があるが、小さいうちに完全に切除したのでもう問題ない。

脾臓全摘出!ってすごいインパクトがあって、決断にとても勇気が要ったようなイメージ
ですが実際は最初に腫瘤の存在を知った時から覚悟は出来ていました。
良性なら爆弾のある脾臓を取ってしまうことによって将来的なリスクを減らすことが出来る
んだから積極的予防手術?のような・・・。

おかげでお尻のデキモノまですっきりして、つくしさんのこれからのシニアライフは明るい
ものになったはず!・・・まだ全然シニアを感じさせないつくしさんではありますが。

これにて手術関連の通院はもうおしまい!8月にワクチン接種する時に経過を見る予定です。

 * * *

19062902.jpg

とってもよく頑張ってくれたつくしさんのご褒美にいつも行くカフェに寄り道。
今日の病院での体重は2.7kgでした。もうちょっと増量しても良いな。


19062903.jpg

キラッキラでわんこワッフルを見つめるつくしさんを肥やすのは割と容易い気がします。


↓パパママもいっぱいウマウマ付き合うよ〜!
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:59| Comment(2) | 健康 | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

術後10日目(試練の時)

本日も家に帰るとつくしさんが玄関で待ち構えていたので、リビングに荷物を置いて
そのままお散歩へ。ちらっと見たらトイレにはシーシーのみだったのでまたウン活ですな。

例のごとく知り合いのワンコに会って今回の件を話してびっくりされつつ、いつものルート
をるんるんと歩いていたと思ったら・・・突然、帰る。と抱っこ。ええええ・・・つくたん
まだウンウン出ていませんけど、もう帰るのでいいんですか?

途中でもう少し歩いたら?と下ろしてみたけど全くその気がなさそうだったのでそのまま
抱っこでおうちまでお持ち帰り。

うーん、ここ数日はいい感じに快便だったのにどうしたもんかな〜と思いつつ、とりあえず
留守番中にシーシーしてあったトイレシートを交換しようとすると・・・トイレトレイの
向こう側、死角にあたるところに立派なウンが横たわっておりました。場外乱闘でしたか。
そりゃお散歩行っても出ないはずだわ。

 * * *

昨日、ジャンピングするつくしさんを見てその軽やかさから脾臓を取って身体が軽くなった
のかしらん〜なんて冗談半分で書いた訳ですが、実際手術後体重ってどうなってるんだ?と
思い立って久しぶりにおうちで計測してみました。


19062801.jpg

2.64kgですか。減っておるな・・・。

もともとつくしさんのベスト体重は2.8kgなのですが、ここ数ヶ月ちょっと減り気味では
あったんです。(なので脾臓の腫瘤を指摘された時は体重も減ってるしまさか・・・と、
結構怖かった)それでもおやつやフードの量を調整して2.8kgを挟んでウロウロしている
感じで落ち着いていて、術前検査の病院で測った時は2.75kgでした。

この減はさすがに脾臓の分!とは思っていませんが、絶食と入院中の自主断食の影響も多少
あるのかなっと。手術から今日で10日、もはや十分過ぎるくらい食べられる様になったので
これからボチボチベスト体重に戻して行こうな。

・・・という訳で大好きなガムも復活しております。


19062802.jpg

ブレブレだけど可愛いのでヨシ。


19062803.jpg

19062804.jpg

大変お上手にひとりで食べてくれるので助かります。たまに「これ持って!」とグイグイ押し
付けて来られることもありますけど。

ところが本日はガムを食べ始めてしばし経った頃、外からゴロゴロと不穏な音が・・・。
つくしさんの天敵・雷様の襲来です。こうなるともはやガムどころではなく・・・


19062805.jpg

ひたすら心を無にして耐えておりました。久々の試練だったな・・・。


↓さぁ明日は抜糸ですよ〜!
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
posted by ぷるゆ at 23:34| Comment(2) | 健康 | 更新情報をチェックする